子どもの言葉に耳を傾けると既成概念がはずれる!

跳び箱10段製作中!

子ども「何で8段までしかやらないの?」
僕「8段までしかないから…」

跳び箱が好きで得意意識を持った子からよく聴かれる質問です。それに僕は決まって、8段までしかないと答えていました。

これって最低な教育だな~
と常々違和感を感じており…

ふと、ないなら作ればいいだけだ!
と簡単なことに気づき、

 

作ってみた!

 

デザイン的な妥協はあるが、
安全面を重視して図面を書き、

子どもたちが喜ぶ顔を思い浮かべながら、
職人になった気分で作りました笑

常日頃から僕が考えている教育とは、
大人は何も教えなくてもいい。
本物を見せ、環境を整え、
サポートするだけでいいのです。

さぁ誰が最初に跳び越えるのかな〜♪

 

 

◆運動に得意意識を持つためには!?
http://lex-sports-kids.com/blog/?p=9905

◆子供達に経験させたいコト!
http://lex-sports-kids.com/blog/?p=9984

◆レックススポーツキッズオリジナル教材♪
https://lex.theshop.jp/

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL