小学校受験の行動観察とは

行動観察とは?

受験科目の行動観察や制作、自由遊び、食事、運動などを通して、入学後の集団生活がしっかりできるかを見ています。ポイントは協調性です。小学校受験では行動観察という受験科目がなくても校門をくぐったところからチェックされているケースもあるほどです。

%e8%a1%8c%e5%8b%95%e8%a6%b3%e5%af%9f%e6%a4%85%e5%ad%90%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0

 

行動観察は最も重要!

ある小学校受験で、道具を片付ける行動観察が出題されました。この背景として、入学してから基本的な動作ができない子があまりにも多いからです。その原因は、子どもに目が行き届くあまり、親が手伝いすぎて当たり前のことが当たり前にできないのです。しかし、どうしても可愛い我が子には分かっていながらも、手を差し伸べてしまうのが親というものです。

%e5%b0%8f%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e5%8f%97%e9%a8%93%e5%88%b6%e4%bd%9c

 

解決するためにはどうすれば良いのか?

それは人との関わりです。お友だちはもちろん、ご近所さんとの挨拶や習い事でも多くの大人やお子さんがいらっしゃいます。まずはお父さんお母さんが見本となるように心のこもった挨拶や関わりを意識したいですね。いろいろな人が様々な角度からわが子と関われるような環境を整えてあげます。

 

 

◆みなさまのおかげでランキング1位獲得しました。
↓ポチッと応援クリックお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

 

 

◆みなさまのおかげでランキング4位獲得しました。
↓ポチッと応援クリックお願いします。


小学校・幼稚園受験 ブログランキングへ

 

 

◆ Happy♪体育小学校受験体操編
【考査はここを見ている!】https://lex.theshop.jp

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL