逆上がりはタオルを使うと遊びになります!

前回、逆上がりはタオルを使って簡単に練習できる方法をお伝えいたしました。
『簡単!タオルを使った逆上がり練習法』はこちら↓
http://lex-sports-kids.com/blog/?p=8925

詳しい逆上がりのコツは、逆上がりの動画でお伝えしております。
『逆上がりタオル練習法』はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=Ky5Yv4-_rQ8

 

今回は、『逆上がりはタオルを使うと遊びになる』というお話をさせていただきます。

今日の幼稚園児ワンレッスン英会話♪

遊びは英語で、「play/プレー」と言います。

そもそも逆上がりという壁をどのように乗り越えるか?!ということが重要です。

子どもは“やらされる”と反発し、いい結果は得られません。

楽しいから“やりたい”という自発性が求められます。

我々大人も同じですよね。好きこそ物の上手なれ方式ですw

 

先ず、逆上がりはタオルを使用して、逆上がりのコツをつかみ取ることができます。

この逆上がりタオル練習方法をより遊びの要素を取り入れた工夫をしてみました。

タオルが腰の位置に巻かれていることにより、

手を離しても落ちないという安心感があります。

子どもは安心感があるとチャレンジ意欲がどんどん湧いてきます!

この安心感に包まれた中でいよいよ逆上がり遊びに挑みます。

 

step1:ブランコのようにゆれてみる。

img.php

逆上がりができない子は鉄棒に恐怖心を抱いている可能性があります。

まずは“鉄棒は楽しい”と感じることからはじめます。

 

step2:何秒ぶら下がれる?ぶら下がりタイムトライアル!

img-9.php

最初は1秒でもいいのです。

「エッ!それだけしかできないの?」はNGです。

何秒できるか?ではなく、何秒まで伸びていくか?を念頭に置き、

応援して盛り上げていきましょう!逆上がりには筋力も必要です。

 

step3:どこまで足が上がってる?

img-4.php

逆上がりができるためには蹴り上げ足がポイントです。

どこまで足が上がれば逆上がりができるのか?本人は回りながらそこまでは考えられません。

そこで大人がボールなど目印になるものを蹴り上げたい位置に持っていてあげます。

理想は頭の後方まで蹴り上げますが、最初は胸の高さくらい(レベル1)→

目の前(レベル2)→頭の上(レベル3)→頭の後ろ(レベル4)

というようにゲーム感覚で進めてみてください。

 

!注意:鉄棒はおへそから胸の高さを選びましょう。
高すぎる鉄棒では顔を打ち付ける危険性があります。

 

詳しくは『逆上がりタオル練習法』動画で解説しています♪

 

今まで 『逆上がりができない…』が、『逆上がりができるかも!』と気持ちの変化が現れます。

この気持ちの変化が大切です。イヤイヤの逆上がり練習は身になりませんし、

その後の人生にもいい影響を及ぼしません。

遊びのように楽しく逆上がりができるサポートをしたいですね。

逆上がりは誰もが乗り越える壁でもあります。親子で取り組む人生で初めての成功体験を!

 

我が子に成功体験を!『逆上がりができた日のこと』

次回は

『逆上がりに必要な瞬発力を上げるトレーニングあそび』をお伝えします。

 

<関連記事>

#1『逆上がりを英語で何て言うの?』
http://lex-sports-kids.com/blog/?p=8925

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL