縄跳びの練習

意外と縄跳びって奥が深いんです。

いろいろな跳び方があるのはもちろん。
リズムにのせてダンスっぽい縄跳び演技の大会もあり
長縄や ダブルダッチという二本のロープをつかう競技もあります。

b531ri-3

しかし どれも基本は同じです。
縄跳びは、一人でも遊べて 基礎体力はもちろん

集中力、巧緻性、リズム感など
狭い場所でもロープ1本あれば OK!というすぐれものです。

b531ri-2

連続でジャンプをしながら 手首を回し それと同時に
技によっては、腕を交差したり 手首を高速で回したり 後ろ回転でまわしたり・・・

慣れるまでは とっても難しい運動だと思います。

b531ri-1

不思議なもので こんなに難しいことも 何回も何回も練習するうちに
体と脳がピッタリと一致するときがきます。

必ずあきらめずに 何回もチャレンジすれば イメージ通り成功する時は来ます。
周りの雰囲気づくりが大切だと思います。

子供が集中できる時間は 少ないと思いますが、
短時間で盛り上げてあげれば どんどん上達していくと思います。

ぜひ少しの時間を利用して 縄跳びを楽しんでください。 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL