逆上がりに必要な筋力

何度やっても逆上がりができない…

そんな悩みをお持ちの方は

ぜひ試してください!

逆上がりには最低限

必要な筋力というものがあります。

その目安となるのが、

”りんごのポーズ”でぶら下がりを

5秒間です。

img-68.php

写真のように両手両足をしっかりと曲げ、

りんごのように小さく丸くなって

ぶら下がります。

 

両腕をしっかり曲げる理由は、

逆上がりでは自分の体を

鉄棒に引きつけなければなりません。

この引きつけには両ひじがしっかりと

曲がっていなければなりません。

自分の体重を支える筋力、

支持力(しじりょく)です。

 

両足を曲げて体操座りの姿勢にする理由は、

逆上がりではけり上げから回転し、

起き上がるまで腹筋を使います。

両足を上げた状態でキープすることにより

腹筋がきたえられます。

img-69.php

というように

”りんごのポーズ”で5秒間ぶら下がる

ということができているか?

確認してみてください。

 

これができた子は、

筋力的には問題がないと言えますので、

全体の動きのタイミングが合えば

逆上がりもできるはずです。

「さかあがりのうた」で

全体の動きのイメージを確認してみてください。

さかあがりのうたはこちら ↓  ↓  ↓

 

”りんごのポーズ”ができない子は

筋力が弱い可能性があるか、

両腕、お腹への力の入れ方が

わからない可能性がありますので、

じっくりゆっくりお子さんのペースに合わせて、

”りんごのポーズ”を

1秒から2秒、3秒・・・

毎日記録を0.1秒でも上回れば、

かならず筋力はアップしていきます。

記録をつけて楽しみましょう。

 

 

 

レックススポーツキッズ無料メルマガ登録はこちら
http://lex-sports-kids.com/mm/index.html

 

 

動画レッスン!レックススポーツキッズYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCmgwtZb19JGD0geJY7SR7xQ

 

 

Facebookも「いいね」をクリックしていただけたらうれしいです!
https://www.facebook.com/lex.sports.kids

 

 

レックス スポーツ キッズのYouTubeチャンネル「さかあがりのうた」

 

無料体験やご質問はお気軽にお問い合わせください!
   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL